2018.9.20修理症状

お客様の声

八王子市からご来店されたお客様の声

きれいになおしていただきました。

ありがとうございました。

iPhone7のお問い合わせが 続々と増えています!! そこで少しiPhone7のご紹介をしたいと思います(^^) iPhone7とiPhone7P 2016年9月にiPhone7とiPhone7Pが発売しました。 iPhoneはついに7に突入しました。これはiPhoneが次の世代に移ったことを表します。 今回のiPhone7とiPhone7Pの特徴はApplepay、防水防塵、カメラ性能向上、バッテリーの持続時間向上です。 初期搭載OSはIOS10を搭載し、ストレージでは16GBを廃止し、32GB、128GB、256GBのフラッシュメモリを搭載しているため、 今までよりも多くの写真、音楽データを保存することが可能になりました。 iPhone7とiPhone7Pから新色のジェットブラックを追加したことにより、選択肢の幅が広がりました。 スマートフォンにおいて一番大切な機能は何か、それは処理速度です(中の人の個人的な意見です) SoCは64ビットアーキテクチャ搭載A10Fusionチップを搭載しています。iPhone6の2倍の処理速度を実現し、ストレスなく高負荷の ゲームであったり、作業を行うことが可能になりました。antutuベンチマークと呼ばれるベンチマークアプリでのiPhone7の実力は、 他のAndroid端末を超えて17万点台をたたき出しました。(※ベンチマークとはメモリ性能、CPU性能、2D、3Dの描写性能などを 数値化するものです。) つまり、スマートフォンではこれ以上のものは無いのです。これほど気持ちのいいものはありませんね(笑) SoCの性能だけがiPhone7とiPhone7Pの驚くところではないです。皆さん、必ずと言っていいほど持っていますよね?Suicaを。 電車に乗る方もあまり乗らない方も財布にSuicaを入れてると思います。ついに、Suicaを財布の中に入れるのでは無く、 iPhoneの中に入れる時代来ました。そうi、PhoneがFiliCaに対応しました。これにより、日本で従来使用してきた電子決済サービスを 使えるようになりました。CMでもやっている通りコンビニでの支払いなどもiPhoneで済ますことが可能です。 さらに、iPhone7とiPhone7PからはIP67の防水防塵に対応しました。日本においてはかなり前から防水防塵は当たり前の機能でしたが、 海外においては一般的ではありません。しかし、iPhone大国の日本を意識しAppleはFiliCa対応だけでなく防水防塵も対応させてくれました。 IP67防水防塵がどれくらい凄いのか、少し紹介させて頂きます。 IPとは国際電気標準会議(IEC)の定める保護等級です。IPの後が人体と固形物に対する等級を、その後ろが水の侵入に対する等級を 表します。すなわち、IP67とは、6等級の防塵性能と、7等級の防水性能を持つという意味です。 「iPhone7」の画像検索結果 日新産業のHPより 6等級の防塵性能は最もレベルが高く、「粉塵が内部に侵入しない」とされています。そして、7等級の防水性能は 「既定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響を受けない」とされています。今までのiPhoneでうっかり水場に落としてしまったりして 修理をしたことがある人は少なくないと思います。そんな方にはうれしい機能ですね。 ただ、防水だからと言って無理はしない方がいいです。お風呂に漬けての使用などは想定されていないので・・・ さて、少し前までは手にもって重いと感じるようなビデオカメラを持ってお子さんの運動会を録画していた父母の方に悲しいお知らせがあります。 家のビデオカメラが埃をかぶることになるでしょう。 新しいiPhone7とiPhone7Pでは4Kのビデオ撮影に対応しているのはもちろん、ビデオの光学式手ぶれ補正にも機能が付きました。 これにより、まるで映画のようなクオリティのビデオを片手で撮影できるのです。これならお弁当だけ持って運動会に参加できますね。 驚くのはこれだけではありません。今まで重たいモバイルバッテリーを持ち歩いている方は最近多いと思います。 外出先でバッテリーが無くなるのは困りますよね。iPhone7とiPhone7Pなら安心です。 バッテリー容量の拡大で今までのiPhoneで最も長いバッテリー駆動時間を有します。 iPhone7とiPhone7Pの修理は在庫が無い場合があるので修理する前にお電話を頂ければと思います。 logo

iPhoneの修理ならiPhone修理工房へ!
西八王子店

TEL:03-3251-7770(営業時間10時〜20時)